バイアグラを処方できない人がいます

最近では、バイアグラをインターネットから個人輸入をする人も少なくはありません。
誰に見られることもなく、手軽に安く購入できるというのがメリットでしょう。
しかしバイアグラは精力強壮剤や興奮剤とは異なる、ED治療に用いられる医薬品ですので、本来はクリニックで医師に処方してもらうべき薬です。
なのでインターネットによる個人輸入は推進されるものではありません。
では、インターネットから購入したとすると、どんなリスクがあるのか確認してみましょう。
まずインターネット上で販売されているED治療薬の約6割が偽造品だとされています。
つまり、ニセモノを掴まされる可能性が非常に高くなっているということです。
偽造品は明らかにニセモノといったものから、精妙に製造されたものまで多様に存在しており、素人がそれを見極めるのは難しいと言われています。
ちなみに、バイアグラの正規品はファイザー社のものとなっており、現時点では原則としてジェネリック品は存在していません。
インド製のものの中には確かにジェネリック品もありますが、インド製造のものが全てジェネリック品ではないので注意してください。
やはり、その大半は偽造品です。
偽造品を購入してしまうと、用法・用量を守る以前の問題として服用すれば体に害を与えることになるでしょう。
どこで製造されているか、どんな有用成分が配合されているか分かりません。
中には体内に入れるべきものではない成分が含まれているものもありますので、リスクを考えたらインターネットからの購入はオススメできないのです。
また、バイアグラは正規品でも万人に安全なわけではありません。
というのもバイアグラそのものは危険な薬ではないのですが、服用することで血圧に作用するため、特定疾患を抱える患者、併用する薬の飲み合わせによっては服用できない人もいます。
一例ですが、服用できない人を確認してみましょう。
疾患に関しては、「医学的な性行為不適当者」「重度の肝機能障害を持つ患者」「低血圧、又は高血圧の患者」「6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患った患者」「網膜色質変性症の患者」などがあります。
また、併用禁忌薬に関しては、「有用成分に対する過敏症」「硝酸剤、一酸化窒素(NO)供与剤を投与中」などの場合には服用を禁止されています。
こういった項目に当てはまる人は、正規ルート(医師の処方)では購入できません。
もちろん、医師に処方してもらえなかったらネット購入をしようという考えはよしてくださいね。
このように服用をお勧めできない人もいるので、こういった知識を持たないまま安易にネット購入して服用してしまうとトラブルは避けられないということです。
特に何かの疾患を抱えている方は、クリニックを受診して処方してもらわないと余計なリスクを背負うことになるでしょう。
正しく安全に勃起不全を改善したいのなら、まずは医師に相談するところから始めてみてください。

EDの治療薬バイアグラについて

男女の恋愛やスキンシップの表現で重要な存在なのが夜の営みです。
夜の営みが潤滑だとカップルの関係もうまくいきやすいですが、逆にうまくいっておらずどちらかが営みに満足していないと、関係が悪くなってしまうこともあります。
夜の営みに満足できない原因のひとつには、男性の精力減退やEDがあります。
これは男性ホルモンの分泌が減少していたり、疲労やストレスによって引き起こされる場合が多いものです。
EDというのは勃起機能障害のことです。
インポテンツとも言われてきました。
EDは性欲があり性交を行いたいという欲望は感じるにもかかわらず男性器の勃起が不十分でないために性行で満足することができないと障害です。
EDの原因で多いのは加齢があげられます。
加齢によりホルモンバランスや勃起機能が低下するために十分な勃起が得られなくなってしまうのです。
また、若い人でもストレスや過去の性交の失敗によるトラウマなどから心因性のEDになってしまうこともあります。
勃起というのは男性器に血液が送りこまれることで起こる現象ですから、病気が原因で血行障害からEDを引き起こす場合もあります。
もしEDになったらED外来や泌尿器科など専門のクリニックを受診するとよいでしょう。
治療ではカウンセリングや勃起機能改善薬を処方するなどで、多くの人が症状を改善しています。
治療に使われる勃起機能改善薬はバイアグラです。
バイアグラを性交の前に服用すると十分な勃起力を持続させることができるために男性が射精に至るまで性交を行うことも可能になります。
勃起力が弱かったり、性交に至っても途中で勃起しなくなってしまい射精ができなかった男性にも効果が期待できます。
特に加齢によるEDや心因性のEDといった、体の機能自体には病気のような異常がない場合にはバイアグラが有効ですので、服用するだけでも大きな改善がみられる場合も多いです。
ただし、副作用が出る可能性もある薬なので、使用する際には医師の指示に従って正しい方法をとらなければなりません。
もし誤った使い方をするとトラブルを引き起こしかねません。
処方の際には、体調に問題がある場合には使用を控えなければならない場合もあります。
狭心症の薬を服用している人や高血圧の人などです。
また、正規品のバイアグラは医師の処方したものになります。
国内で入手するには医師に処方してもらわなければなりません。
時々、個人輸入でバイアグラが購入できるという宣伝を見かけますが、多くが偽造品とも言われています。
中には不衛生な環境で製造された物や成分があやしく、健康に害を及ぼす恐れのあるものもありますので、安易に個人輸入の品に手を出してはいけません。
まずは専門のクリニックを訪れてみることです。
一人で悩んでいるよりも医師に相談したほうが早く解決するはずですよ。
全国にはたくさんの専門クリニックがあるので近くのクリニックを探して気軽にご相談ください。

ED治療薬の元祖といえばバイアグラなんです

バイアグラは画期的なED治療薬として脚光を浴びていますが、その誕生の歴史をたどると、なんとなくミステリアスな雰囲気なんです。
このお薬、アメリカで偶然に発見されたという話しです。
ED治療薬ではなくって心臓のお薬か何か別のお薬なんですが、臨床試験段階でまったく偶然に発見されたと言うことです。
目的とされていた本来のお薬は、その働きがなかったので、廃棄処分になるところを、製薬会社が引き取りED治療薬として販売したという、いわく付きのお薬なんです。
当時、ストレスなどが原因でEDに苦しむアメリカ人男性が多数存在していました。
バイアグラ販売開始と同時に、この医薬品はまさに飛ぶように売れまくったという話しです。
やがてそれが世界中に広がってしまったのは、言うまでもありません。
世界各国でも、ED症状に苦しむ男性たちは多かったのですね。
日本ももちろん例外ではありません。
実は私もそのうちの一人なのです。
このお薬の注意書きとしては、心臓病などの治療薬との併用は出来ないと言うことが明記されています。
併用すると、場合によっては命に関わるというお話しなんです。
なので、このお薬を服用する場合には、安全のために専門医に処方してもらうことをおすすめします。
バイアグラというお薬の持続時間は服用後数時間と言われていますので、直前に服用する必要があります。
その後、このお薬と同じ効果のあるED治療薬が次々と研究開発され、アメリカで販売されました。
レビトラとシアリスというお薬なんです。
レビトラはお薬の主成分がバイアグラと似通っているので、持続時間は似通っています。
シアリスはお薬の主成分の分子構造がまったく異なっているので、お薬の効果の持続時間が比較的長いということです。
こんな訳なので、アメリカではシアリスのことをウイークエンドピルなどと、かわいらしい愛称で呼んでいます。
シアリスになると週末に一回服用すれば週末全体で元気になれるという噂ですが、アメリカではこのウイークエンドピルが大流行しています。
いずれにしても、これらのED治療薬には劇薬に相当する成分も含まれています。
通販などで簡単に入手出来る便利な時代とはなりましたが、このお薬だけは、やはり専門医に処方してもらいましょう。
日本の病院で現在ED治療薬として処方されているのはわずか三種類です。
すなわち、元祖のバイアグラ、引き続き開発されたレビトラ、そして最後に開発されたのがシアリスなのです。
この三種のED治療薬に限り、日本の専門医で処方してもらうことが出来ます。
これらのお薬は日本ではアメリカからの輸入に頼っているので、アメリカで購入するよりも多少割高となります。
日本ではこれら三種類のお薬の後発薬は販売されていません。
何故ならば、アメリカの法律の下で販売されているからなのです。
ところが、例えばインド旅行などをすれば、そこではこれら三種類のジェネリック医薬品は簡単に入手出来ます。
インドの法律で管理されているからです。
気になるお値段ですが、本家アメリカの販売価格よりも格段にお安くなっています。

高齢化社会と少子化、日本人の性生活について

一昔前の、女性は早く結婚するべきという風習は薄くなり、結婚の晩婚化と少子高齢化が懸念されるようになりました。
それに伴い、婚活ブーム・山コン・料理コン・街コンなどたくさんの男女の出会いの場を提供するイベントが盛んになってきました。
多忙に過ぎる毎日の中、意識して出会いを作らなければ、なかなか結婚関係へと進展するのは難しくなってきているのかもしれません。
恋愛・結婚生活を満足のいくものにするのに欠かせないものは性生活ですよね。
ところが現代では、中高年から次第に勃起力に悩む男性が増えてきているようです。
驚くことに、若年層でも悩みを抱える男性が少なからずいるようです。
好きな女性を、自分のモノで満足させたい。
性行為を満足のいくものにさせたい。
そんな男性の味方がバイアグラです。
勃起しやすくなるというのは、精神的に落ち着いている時のです。
精神的ストレスがあり興奮していると、勃起力は弱まるのもまた事実です。
デリケートな問題のためなかなか病院には行けず、インターネットでバイアグラを購入する方も多いですが、病院での処方をお勧めします。
というのは、生活習慣によってもEDになる可能性が高いからです。
一例として糖尿病や高血圧であれば、性的刺激を受けても性器に血流が流れず、EDになることがあるのです。
もう一つの例としては、心因性によるものです。
過去の性交の経験によるものや、日常生活でのストレスや不安からくるものなど、本人の生活環境に影響を受け、EDになることも十分にあります。
過度の飲酒によっても勃ちが悪くなることもあるそうなので、身近にだれでも起こりうることがおわかりになるかと思います。
今服用している、薬との飲み合わせも気になるところですね。
おおまかな例をあげましたが、以上のことを踏まえてバイアグラの購入は専門機関での受診をおすすめします。
そして一番大切なのは、パートナーの女性の理解ですね。
人生は山ばかりではありません。
そんな時にいつでもそばにいて理解してくれる女性がいること。
これが何よりの支えとなり、一番の精神的支えになり、治療になるのではないかと思います。
お互いを大事にしあい、体も心も満足な関係を築くこと。
これが、少子化や離婚率を引き下げる解決の一端になると思います。
是非女性の皆さんにも、男性を取り巻く環境を理解していただきたいと切実に思います。
ED解決のためにも、パートナーとの受診をお勧めします。
最後に、バイアグラでの治療を受けた方の感想をご紹介しようと思います。
「診察を受ける前までは自分だけかと思ったが、通常の病院と同じくバイアグラを処方してもらった。
心理的な面も解決していったので、ストレスと上手く付き合う方法も自分なりに見つけられるようになって良かった。
少しづつ満足のいく性生活を取り戻すことによって、自分にも自信がつき、大切なパートナーを満足させることができて良かった。
」いかがでしょうか?是非悩めるたくさんの男性が活力を持ち、日本の未来を変えていくことができれば、将来は明るくなるのではないかと思います。

バイアグラのジェネリック医薬品はなぜ存在する

医薬品を生み出すためには、新薬となり得る成分の研究から始め、動物を使った非臨床試験、ヒトを使った臨床試験を得て、効果と副作用を確認しながら漸く一つの薬が誕生します。
このように、新しい有用成分を用いて世界で初めて開発された医薬品を新薬といいます。
新薬には開発の権利保護のため、そして新薬の開発にかかったコスト回収のため医薬品特許がかけられています。

viagra32

特許期間とは?

特許期間は一概ではないですが20年から長くて25年、特許期間中は当該医薬品を開発社が独占できます。
もし特許期間中に他社メーカーが同等の医薬品を製造して販売したいのなら、お金を支払って製造権利を売ってもらうことになりますが、決して安くはない金額ですので通常なら特許期間中は他社メーカーは手出しをしません。
そして、医薬品特許が切れたときに他社メーカーにも新薬と同じ有用成分と製法を用いて同等の医薬品を製造する権利が与えられるのです。

このようにして誕生するのが、ジェネリック医薬品です。
さて、それを踏まえてのことですが、ED治療薬であるバイアグラの特許は2014年の5月まで継続しており、通常であればバイアグラのジェネリック医薬品は存在しないということになります。
しかし何故かカベルタ、カマグラ、ぺネグラ、シラグラなどバイアグラのジェネリック医薬品が多数存在しているのが現状です。

実は、バイアグラのジェネリック医薬品と呼ばれる商品はいずれもインド製となっており、その理由としてインド国内においては世界とは異なる特異な医薬品特許法があることから、インド製のものに限ってはバイアグラのジェネリック医薬品が存在するということになっているのです。
ただ正確に言えば、特許法の違いから使用している有用成分は同じですが製法が異なるため、ジェネリック医薬品というよりはコピー品といった方が正しいでしょう。
有用成分が同じなので基本的にはバイアグラと同じ効果が得られるものの、製法という点から見れば全く同じというわけではありません。
そのため、多少の作用の誤差には目をつぶるべきというのは理解しておいた方がいいですね。

それでもインドを代表する大手製薬メーカーが製造している医薬品なので安全性に関しては心配いりません。(安全性に関してはこちらのサイトも参考にするとよいでしょう⇒バイアグラの安全性と危険性

バイアグラのジェネリック医薬品の中でも有名なのがカベルタです。

カベルタを製造するランバクシー・ラボラトリーズ社は、ジェネリック医薬品の製造においては世界10位圏内にはいるほどの大手製薬メーカーとなっており、7カ国に工場を持ち、120カ国以上で医薬品を販売しています。

実は、2008年には日本の製薬メーカーである第一三共株式会社が買収しました。
また、2014年にはランバクシー社と同業のサン・ファーマ社を吸収合併させることとなり、第一三共はますますジェネリック医薬品市場への足掛けが強まっています。
日本企業が絡んでいるという点では安心感も高いのではないでしょうか。

最も知名度の高いED治療薬

ED治療薬のバイアグラは、レビトラ、シアリスと比較してダントツの知名度と人気があります。
世界初のED治療薬というのは伊達ではありません。
バイアグラの利用者の多くは、クリニックで受診することに抵抗を感じているようです。
特に女性スタッフがいるクリニックには行きづらいと考える方が多く、女性がいないところを選ぶ傾向があります。
理想的なのは、数分で診察をすませて、すぐに処方してくれることでしょう。
診察に時間がかかるほど、恥ずかしさが増幅してきますから、何分くらいで処方を受けられるのか確かめておく必要があります。
時間帯は夜遅くまで営業しているところが選ばれます。
会社帰りに立ち寄ることができるのが理想なのです。
また、交通の便のよいクリニックほど利用者が増えますから、気軽に立ち寄れることも大切な条件でしょう。
EDに関しては、まだまだ「人にはいえない病気」と捉えている方が多いのですが、それほど深刻に考える必要はありません。
EDは症状の差こそあれども、ある程度の年齢になればすべての男性に発生するものなのです。
ただ、その年齢が早いか遅いかの違いだけだと思っていいでしょう。
30代でEDになる男性は非常に多く、今では20代そこそこで発症するケースも増加しており、恥ずかしい病気という認識は薄れてきています。
EDといえばインポテンツを思い浮かべるかもしれませんが、インポとは少し異なるものです。
インポというのは、性的な機能がゼロになってしまう、つまり性行為できない状態なのです。
ペニスがまったく立たなければ挿入できませんから、射精に至ることもないでしょう。
EDというのは、性行為に少し問題があるという症状も含むので、インポよりも症状は軽いものだと考えてください。
「硬さが以前ほどない」といった状態もEDに含まれるので、深刻に考えるほどの症状ではありません。
しかし、放置しておいて自然に治る確率は非常に低いので、バイアグラを服用して治療していくことになります。
1錠飲むと、30分程度でペニスが大きく硬くなるのを実感できるでしょう。
薬効が切れるまでは勃起力が続きますので、性行為が未遂で終わってしまうことはないはずです。
「EDの可能性がある」と自覚したら、すでにEDであるケースが非常に多いです。
ペニスは少しずつ機能が衰えていくので、その変化を感じ取ることは非常に難しいのですが、5年、10年単位のスパンで考えると、「以前よりも弱くなった」と実感できることが多いでしょう。
バイアグラはEDを治すものではなく、あくまで対症療法としての薬になりますが、勃起力がアップすることで、性行為に対する意欲が高まることは少なくありません。
男性のメンタルは繊細であり、わずかなきっかけでEDが改善されることもあるのです。
EDの可能性があると自覚したら、医師に相談することをおすすめします。
いちど診察を受ければ、2回目以降は気持ちが楽になるものです。

ED治療薬を生活に取り入れたら

暮らしの中に常にED治療薬があるのは安心できるでしょう。
バイアグラがいつでも使えると考えればいいのです。
もちろんこれは高価な薬ですから、そんなに何度も買うことはできません。
日本ではシアリス、レビトラ、バイアグラの3つが認可され、クリニックで処方されます。
ただ、その値段はべらぼうに高く、一錠2000円程度するのです。
これではさすがにお金持ち以外は購入できないので、心ある人は海外からED治療薬を個人輸入しています。
このやり方ならオリジナルのバイアグラなどもかなり安くなるようです。
ただ、それでも高いことには変わりないので、さらにいい手を見つけました。
それがジェネリック薬の個人輸入です。
バイアグラのジェネリック薬であるカベルタを例に出してみると、この薬は主成分がシルデナフィルで、バイアグラと効能、副作用、禁忌事項などがすべて同じでした。
しかし、値段はバイアグラよりはるかに安く、一錠100円から200円程度で買えてしまうのです。
インドではいくつものバイアグラのジェネリック薬が作られていて、この薬もその一つですが、どうしてこれほど値段が安いのでしょう。
その秘密は、インドの特許事情にありました。
インドでは特許のシステムが他国と違っていて、オリジナルと成分が同じ薬を作っても、特許料をオリジナルの会社に払わなくていい仕組みになっています。
これを生かすことで、ありとあらゆる薬のジェネリック薬がインドで作れるようになり、インドがジェネリック大国と呼ばれるようになりました。
医薬品で世界トップレベルの実力を持っている国はなかなかなく、インドの製薬技術の高さを学びにわざわざ他国から来る薬剤師もいるほどです。
カベルタはそうした状況を背景に生まれた薬で、バイアグラとほぼ変わらない実力を持っているので、信頼できます。
しかも、値段が格段に安いので、お客の金銭的負担にもなりません。
副作用はレビトラ系、シアリス系と比べて大きいですが、カベルタには他の追随を許さないパワーがあります。
それこそがバイアグラ系ジェネリック薬の最大の魅力であり、これを生活に取り入れた時に劇的に暮らしが変化する理由なのです。
私もこれを生活に組み込んでから、実にすばらしいセックスライフが送れています。
これは、妻の新たな魅力に気づいたこともありますが、やはりペニスが正常に勃起し、長持ちするようになったからでしょう。
何度この薬を使ってみても、同じ効果が得られるので、ここで頭痛がくるとか、ペニスの勃起が始まるとか、細かいことも体が覚えてきました。
ネットで簡単にED治療薬が購入できる今の世の中で、カベルタと検索すればすぐに商品が探せるようになったのは大きな変化です。
私が学生の頃は、まだ雑誌の裏のあやしい広告を頼りにみんながバイアグラを買っていました。
今はそうしたまがいものをつかむ確率もネットの情報のおかげで減り、自分が思った通りの買い物ができます。

期待していいこと

世界中で信頼され、使われ続けている薬は、それだけの実績があるものです。
バイアグラはもはやED治療薬の雄として知られ、どの世代でもメジャーな薬として知っています。
男性がストレスや加齢による衰えによって、思ったより早く勃起不全になるケースが報告されるようになり、20代でもインポになる人が私の友人にいました。
彼はバイアグラを何度か服用して事なきを得たのですが、若くても勃起不全になることはあるのです。
私も自分だけはインポにならないだろうと思っていたのですが、ここの所仕事が忙しく、妻とのセックスもなおざりだったのが災いしたのか、セックスレスに加え、インポ気味になってしまいました。
これは不規則な生活も関係しているのでしょう。
クリニックでは軽度のEDと診断されたので、バイアグラを処方してもらいました。
飲んでみて、この薬は私に合うと確信し、シルデナフィルの効果もあって、妻と久しぶりにハッスルできたのです。
しかし、一錠2000円近くするこの薬は、貧乏暮らしの私にはとても続くものではありません。
そこで一計を案じ、同様の効果を持つジェネリック薬を個人輸入で買ってみることにしました。
世界的に有名なインドの会社が作ったカベルタは、バイアグラのジェネリック薬としてはメジャーな存在です。
この薬は120ヶ国以上ですでに使われており、確固たる実績を残しています。
それがお客の安心感を誘い、さらなる需要をみこめるきっかけを作っているのです。
この薬はバイアグラと同じシルデナフィルを主成分としており、効果もほぼ同じな点が高く評価されています。
また、インドの中でも大手の会社が作っていて、安全性も確保済みです。
加えて価格がオリジナルより10分の1程度の押さえられ、一錠150円程度で買うことができます。
そのスペックの高さからしてこの安さは異常ともいえるので、私は気になって調べてみました。
すると、インドの特許事情とカベルタが直接絡んでいる事実を発見したのです。
インドでは特許のシステムが特殊なので、オリジナルを作った会社に対し、ジェネリック薬を作っても特許料を支払わないで済むよう、環境が整えられています。
このため、オリジナルと比べ破格の値段でジェネリック薬を作ることができるのです。
カベルタに期待していいのは、バイアグラの特許が完全に切れた時、日本で最初に認可される点でしょう。
これは、有名大手の製薬会社がすでに段取りをつけているからです。
個人輸入代行業者さんのサイトでもこの薬はかなり人気があり、誰もが購入しやすい価格設定、確かな実用性、安全度の高さなど、どれをとっても申し分ありません。
ネットで当たり前のようにカベルタが個人輸入できる現在は、販売業者さんによって信頼度の差はあるものの、おおむね正規品を購入することができます。
どこで買うか、どれだけ買うかにもよりますが、きちんと口コミ情報などを見て、業者さんの本質を見極めましょう。

バイアグラのジェネリック薬を体験してみたら・・・

体で覚えることは人生においてたくさんあります。
健康を維持するための薬などもその一つです。
一度自分で飲んでみなければ、どんな良薬かもわかりません。
だから、風邪薬でも何でも、自分の体と相性がいいか試してみる必要があるのです。
ED治療薬の場合は、いくつもの種類があるので、まずそこから学ばないといけません。

クリニックで診察してもらい、相性を見てもらってから処方してもらうのが一番簡単でしょう。
そうすれば自分と相性のいい薬の系列がわかり、バイアグラ系かレビトラ系かシアリス系かすぐにわかります。
勃起力が最近めっきり落ちてきた私がクリニックで診察をしてもらった結果、軽いEDだと診断されました。

これは私にとってショックであり、20代から下半身の健康を自負してきただけに、どうしようかと途方にくれたものです。
ここで私はクリニックでバイアグラなどを買い続けるのは不可能と早めに見切りをつけ、カベルタを個人輸入することにしました。
この薬はバイアグラのジェネリック薬でして、インドの信頼できるメーカーさんが作っている名薬です。
インターネットで海外の医薬品が買えるようになった今、インドのジェネリック薬は一気に身近な存在になりました。
この薬も、当初はコピー版バイアグラくらいにしか思われていなかったのが、情報が正確にいきわたるにつれ、バイアグラと同等の力を持ちながら値段が安い、理想のED治療薬と評価が変わっていったのです。
カベルタが持つスペックは大変高く、主成分シルデナフィルから効果持続時間が3時間から6時間程度な点まですべてバイアグラと同じになります。
違うのは製薬会社と製法、値段だけです。
特に値段は一錠100円から250円程度で、大変安く売られています。
これにはインドの特許事情も複雑に絡んでおり、粗悪品だから安いのではなく、特許料が最初から含まれないので安いと覚えておきましょう。

私も昔はインドの薬は安いから信じられないと勝手に思い込んでいて、だいぶ損をしました。
カベルタを取り扱っている個人輸入代行業者さんのサイトにアクセスし、品物を注文するところまでは、普通の通販サイトと同じです。
個人輸入とはいえ、輸入にかかる手続きはすべて業者さんがやってくれますから、お客は何も心配する必要はありません。

業者さんが誠実かつきちんとしたルートを確保していれば、確実に正規品をゲットすることができるでしょう。
私はこうして正規品を手に入れ、さっそく使うことになりました。
最初、食事後にカベルタを飲んでしまい、シルデナフィルがその影響をもろに受けて、期待したほどの効果が受けられませんでした。

これは私の無知がしでかしたことで、きちんと説明を読んでいればこんなことは起きなかったのです。
知識を仕入れて再トライしてみたら、意外にも副作用が強く出てびっくりしましたが、ペニスは今までにないくらいに猛り狂い、その日は興奮のあまり眠れないほどハッスルできました。

バイアグラのインド製ジェネリックカベルタ

ED症状の特効薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。
それぞれ有効成分が異なり、特徴があります。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルですが、このシルデナフィルを有効成分にして作られたカベルタという薬があります。
製造元はインドのランバクシーという製薬メーカーで、つまりバイアグラのジェネリック医薬品にあたる薬です。
ジェネリック医薬品とはどういう薬かといいますと、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの新薬に対して後発医薬品と呼ばれる薬です。

新薬が世に出ると特許期間が設定されてそれと同じ薬はどこの製薬会社でも製造できないのですが、この特許が無効になると同じ中身の医薬品を作ることが許されます。
こうして製造されたのがジェネリック医薬品です。
ランバクシー社はインドの製薬メーカーですが、インドには製薬メーカーがたくさんあってジェネリック医薬品がさかんに製造されています。

どうしてインドでジェネリック医薬品が多く作られているかというと、インドの特許制度が関係しています。
インド国内では医薬品の製造特許に関する取り決めがないために、同じ成分を使って作られた医薬品もジェネリック薬として認可され流通しています。
インドて作られたジェネリック医薬品は世界中に輸出されていて、大きなシェアを占めているのです。
ランバクシー社も製薬会社のジェネリック部門では世界で10位にランクインする規模の製薬会社で、インドでは最大の製薬会社です。
カベルタはバイアグラのジェネリック品ですが、レビトラ・シアリスとともに3種類あるEDの治療薬の中でもバイアグラのジェネリックがさかんに製造されていることからその根強い人気のほどがうかがえます。
さて、EDの治療薬について知るにあたっては、発起の仕組みについても理解をしておく必要があります。

男性が性的に興奮すると体内に一酸化炭素が増加し、ペニスの動脈を拡張させる物質も分泌されて血液が一気に流れ込んで勃起状態となります。
そして勃起が終息する時にはPDE5酵素という物質が作用して血管の広がりが治まります。
バイアグラおよびそのジェネリックであるカベルタの有効成分はシルデナフィルです。
この薬は医薬品としてはPDE阻害薬というカテゴリの薬です。

PDE酵素の働きを抑えて血管拡張と血流を保ち、勃起を維持するのがシルデナフィルの薬効でED治療のメカニズムです。
成分や効能がバイアグラと同じなので、カベルタの使用上の注意もバイアグラに準じます。
飲み方で注意するのは、食事の影響を受けやすいので空腹時のタイミングで服用するということです。
また、医薬品であるからには禁忌事項や副作用に関しても知識を持っておく必要があります。
シルデナフィル製剤の禁忌は硝酸系の薬であるニトログリセリンなどとの併用です。
安全な使用のためには、既往歴や現在服用中の薬について正しく申告し、指導を受けるのが大切であることは言うまでもありません。