バイアグラを処方できない人がいます

最近では、バイアグラをインターネットから個人輸入をする人も少なくはありません。
誰に見られることもなく、手軽に安く購入できるというのがメリットでしょう。
しかしバイアグラは精力強壮剤や興奮剤とは異なる、ED治療に用いられる医薬品ですので、本来はクリニックで医師に処方してもらうべき薬です。
なのでインターネットによる個人輸入は推進されるものではありません。
では、インターネットから購入したとすると、どんなリスクがあるのか確認してみましょう。
まずインターネット上で販売されているED治療薬の約6割が偽造品だとされています。
つまり、ニセモノを掴まされる可能性が非常に高くなっているということです。
偽造品は明らかにニセモノといったものから、精妙に製造されたものまで多様に存在しており、素人がそれを見極めるのは難しいと言われています。
ちなみに、バイアグラの正規品はファイザー社のものとなっており、現時点では原則としてジェネリック品は存在していません。
インド製のものの中には確かにジェネリック品もありますが、インド製造のものが全てジェネリック品ではないので注意してください。
やはり、その大半は偽造品です。
偽造品を購入してしまうと、用法・用量を守る以前の問題として服用すれば体に害を与えることになるでしょう。
どこで製造されているか、どんな有用成分が配合されているか分かりません。
中には体内に入れるべきものではない成分が含まれているものもありますので、リスクを考えたらインターネットからの購入はオススメできないのです。
また、バイアグラは正規品でも万人に安全なわけではありません。
というのもバイアグラそのものは危険な薬ではないのですが、服用することで血圧に作用するため、特定疾患を抱える患者、併用する薬の飲み合わせによっては服用できない人もいます。
一例ですが、服用できない人を確認してみましょう。
疾患に関しては、「医学的な性行為不適当者」「重度の肝機能障害を持つ患者」「低血圧、又は高血圧の患者」「6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患った患者」「網膜色質変性症の患者」などがあります。
また、併用禁忌薬に関しては、「有用成分に対する過敏症」「硝酸剤、一酸化窒素(NO)供与剤を投与中」などの場合には服用を禁止されています。
こういった項目に当てはまる人は、正規ルート(医師の処方)では購入できません。
もちろん、医師に処方してもらえなかったらネット購入をしようという考えはよしてくださいね。
このように服用をお勧めできない人もいるので、こういった知識を持たないまま安易にネット購入して服用してしまうとトラブルは避けられないということです。
特に何かの疾患を抱えている方は、クリニックを受診して処方してもらわないと余計なリスクを背負うことになるでしょう。
正しく安全に勃起不全を改善したいのなら、まずは医師に相談するところから始めてみてください。

Comments are closed.