バイアグラのインド製ジェネリックカベルタ

ED症状の特効薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。
それぞれ有効成分が異なり、特徴があります。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルですが、このシルデナフィルを有効成分にして作られたカベルタという薬があります。
製造元はインドのランバクシーという製薬メーカーで、つまりバイアグラのジェネリック医薬品にあたる薬です。
ジェネリック医薬品とはどういう薬かといいますと、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの新薬に対して後発医薬品と呼ばれる薬です。

新薬が世に出ると特許期間が設定されてそれと同じ薬はどこの製薬会社でも製造できないのですが、この特許が無効になると同じ中身の医薬品を作ることが許されます。
こうして製造されたのがジェネリック医薬品です。
ランバクシー社はインドの製薬メーカーですが、インドには製薬メーカーがたくさんあってジェネリック医薬品がさかんに製造されています。

どうしてインドでジェネリック医薬品が多く作られているかというと、インドの特許制度が関係しています。
インド国内では医薬品の製造特許に関する取り決めがないために、同じ成分を使って作られた医薬品もジェネリック薬として認可され流通しています。
インドて作られたジェネリック医薬品は世界中に輸出されていて、大きなシェアを占めているのです。
ランバクシー社も製薬会社のジェネリック部門では世界で10位にランクインする規模の製薬会社で、インドでは最大の製薬会社です。
カベルタはバイアグラのジェネリック品ですが、レビトラ・シアリスとともに3種類あるEDの治療薬の中でもバイアグラのジェネリックがさかんに製造されていることからその根強い人気のほどがうかがえます。
さて、EDの治療薬について知るにあたっては、発起の仕組みについても理解をしておく必要があります。

男性が性的に興奮すると体内に一酸化炭素が増加し、ペニスの動脈を拡張させる物質も分泌されて血液が一気に流れ込んで勃起状態となります。
そして勃起が終息する時にはPDE5酵素という物質が作用して血管の広がりが治まります。
バイアグラおよびそのジェネリックであるカベルタの有効成分はシルデナフィルです。
この薬は医薬品としてはPDE阻害薬というカテゴリの薬です。

PDE酵素の働きを抑えて血管拡張と血流を保ち、勃起を維持するのがシルデナフィルの薬効でED治療のメカニズムです。
成分や効能がバイアグラと同じなので、カベルタの使用上の注意もバイアグラに準じます。
飲み方で注意するのは、食事の影響を受けやすいので空腹時のタイミングで服用するということです。
また、医薬品であるからには禁忌事項や副作用に関しても知識を持っておく必要があります。
シルデナフィル製剤の禁忌は硝酸系の薬であるニトログリセリンなどとの併用です。
安全な使用のためには、既往歴や現在服用中の薬について正しく申告し、指導を受けるのが大切であることは言うまでもありません。

Comments are closed.