バイアグラのジェネリック薬を体験してみたら・・・

体で覚えることは人生においてたくさんあります。
健康を維持するための薬などもその一つです。
一度自分で飲んでみなければ、どんな良薬かもわかりません。
だから、風邪薬でも何でも、自分の体と相性がいいか試してみる必要があるのです。
ED治療薬の場合は、いくつもの種類があるので、まずそこから学ばないといけません。

クリニックで診察してもらい、相性を見てもらってから処方してもらうのが一番簡単でしょう。
そうすれば自分と相性のいい薬の系列がわかり、バイアグラ系かレビトラ系かシアリス系かすぐにわかります。
勃起力が最近めっきり落ちてきた私がクリニックで診察をしてもらった結果、軽いEDだと診断されました。

これは私にとってショックであり、20代から下半身の健康を自負してきただけに、どうしようかと途方にくれたものです。
ここで私はクリニックでバイアグラなどを買い続けるのは不可能と早めに見切りをつけ、カベルタを個人輸入することにしました。
この薬はバイアグラのジェネリック薬でして、インドの信頼できるメーカーさんが作っている名薬です。
インターネットで海外の医薬品が買えるようになった今、インドのジェネリック薬は一気に身近な存在になりました。
この薬も、当初はコピー版バイアグラくらいにしか思われていなかったのが、情報が正確にいきわたるにつれ、バイアグラと同等の力を持ちながら値段が安い、理想のED治療薬と評価が変わっていったのです。
カベルタが持つスペックは大変高く、主成分シルデナフィルから効果持続時間が3時間から6時間程度な点まですべてバイアグラと同じになります。
違うのは製薬会社と製法、値段だけです。
特に値段は一錠100円から250円程度で、大変安く売られています。
これにはインドの特許事情も複雑に絡んでおり、粗悪品だから安いのではなく、特許料が最初から含まれないので安いと覚えておきましょう。

私も昔はインドの薬は安いから信じられないと勝手に思い込んでいて、だいぶ損をしました。
カベルタを取り扱っている個人輸入代行業者さんのサイトにアクセスし、品物を注文するところまでは、普通の通販サイトと同じです。
個人輸入とはいえ、輸入にかかる手続きはすべて業者さんがやってくれますから、お客は何も心配する必要はありません。

業者さんが誠実かつきちんとしたルートを確保していれば、確実に正規品をゲットすることができるでしょう。
私はこうして正規品を手に入れ、さっそく使うことになりました。
最初、食事後にカベルタを飲んでしまい、シルデナフィルがその影響をもろに受けて、期待したほどの効果が受けられませんでした。

これは私の無知がしでかしたことで、きちんと説明を読んでいればこんなことは起きなかったのです。
知識を仕入れて再トライしてみたら、意外にも副作用が強く出てびっくりしましたが、ペニスは今までにないくらいに猛り狂い、その日は興奮のあまり眠れないほどハッスルできました。

Comments are closed.