期待していいこと

世界中で信頼され、使われ続けている薬は、それだけの実績があるものです。
バイアグラはもはやED治療薬の雄として知られ、どの世代でもメジャーな薬として知っています。
男性がストレスや加齢による衰えによって、思ったより早く勃起不全になるケースが報告されるようになり、20代でもインポになる人が私の友人にいました。
彼はバイアグラを何度か服用して事なきを得たのですが、若くても勃起不全になることはあるのです。
私も自分だけはインポにならないだろうと思っていたのですが、ここの所仕事が忙しく、妻とのセックスもなおざりだったのが災いしたのか、セックスレスに加え、インポ気味になってしまいました。
これは不規則な生活も関係しているのでしょう。
クリニックでは軽度のEDと診断されたので、バイアグラを処方してもらいました。
飲んでみて、この薬は私に合うと確信し、シルデナフィルの効果もあって、妻と久しぶりにハッスルできたのです。
しかし、一錠2000円近くするこの薬は、貧乏暮らしの私にはとても続くものではありません。
そこで一計を案じ、同様の効果を持つジェネリック薬を個人輸入で買ってみることにしました。
世界的に有名なインドの会社が作ったカベルタは、バイアグラのジェネリック薬としてはメジャーな存在です。
この薬は120ヶ国以上ですでに使われており、確固たる実績を残しています。
それがお客の安心感を誘い、さらなる需要をみこめるきっかけを作っているのです。
この薬はバイアグラと同じシルデナフィルを主成分としており、効果もほぼ同じな点が高く評価されています。
また、インドの中でも大手の会社が作っていて、安全性も確保済みです。
加えて価格がオリジナルより10分の1程度の押さえられ、一錠150円程度で買うことができます。
そのスペックの高さからしてこの安さは異常ともいえるので、私は気になって調べてみました。
すると、インドの特許事情とカベルタが直接絡んでいる事実を発見したのです。
インドでは特許のシステムが特殊なので、オリジナルを作った会社に対し、ジェネリック薬を作っても特許料を支払わないで済むよう、環境が整えられています。
このため、オリジナルと比べ破格の値段でジェネリック薬を作ることができるのです。
カベルタに期待していいのは、バイアグラの特許が完全に切れた時、日本で最初に認可される点でしょう。
これは、有名大手の製薬会社がすでに段取りをつけているからです。
個人輸入代行業者さんのサイトでもこの薬はかなり人気があり、誰もが購入しやすい価格設定、確かな実用性、安全度の高さなど、どれをとっても申し分ありません。
ネットで当たり前のようにカベルタが個人輸入できる現在は、販売業者さんによって信頼度の差はあるものの、おおむね正規品を購入することができます。
どこで買うか、どれだけ買うかにもよりますが、きちんと口コミ情報などを見て、業者さんの本質を見極めましょう。

Comments are closed.