ED治療薬を生活に取り入れたら

暮らしの中に常にED治療薬があるのは安心できるでしょう。
バイアグラがいつでも使えると考えればいいのです。
もちろんこれは高価な薬ですから、そんなに何度も買うことはできません。
日本ではシアリス、レビトラ、バイアグラの3つが認可され、クリニックで処方されます。
ただ、その値段はべらぼうに高く、一錠2000円程度するのです。
これではさすがにお金持ち以外は購入できないので、心ある人は海外からED治療薬を個人輸入しています。
このやり方ならオリジナルのバイアグラなどもかなり安くなるようです。
ただ、それでも高いことには変わりないので、さらにいい手を見つけました。
それがジェネリック薬の個人輸入です。
バイアグラのジェネリック薬であるカベルタを例に出してみると、この薬は主成分がシルデナフィルで、バイアグラと効能、副作用、禁忌事項などがすべて同じでした。
しかし、値段はバイアグラよりはるかに安く、一錠100円から200円程度で買えてしまうのです。
インドではいくつものバイアグラのジェネリック薬が作られていて、この薬もその一つですが、どうしてこれほど値段が安いのでしょう。
その秘密は、インドの特許事情にありました。
インドでは特許のシステムが他国と違っていて、オリジナルと成分が同じ薬を作っても、特許料をオリジナルの会社に払わなくていい仕組みになっています。
これを生かすことで、ありとあらゆる薬のジェネリック薬がインドで作れるようになり、インドがジェネリック大国と呼ばれるようになりました。
医薬品で世界トップレベルの実力を持っている国はなかなかなく、インドの製薬技術の高さを学びにわざわざ他国から来る薬剤師もいるほどです。
カベルタはそうした状況を背景に生まれた薬で、バイアグラとほぼ変わらない実力を持っているので、信頼できます。
しかも、値段が格段に安いので、お客の金銭的負担にもなりません。
副作用はレビトラ系、シアリス系と比べて大きいですが、カベルタには他の追随を許さないパワーがあります。
それこそがバイアグラ系ジェネリック薬の最大の魅力であり、これを生活に取り入れた時に劇的に暮らしが変化する理由なのです。
私もこれを生活に組み込んでから、実にすばらしいセックスライフが送れています。
これは、妻の新たな魅力に気づいたこともありますが、やはりペニスが正常に勃起し、長持ちするようになったからでしょう。
何度この薬を使ってみても、同じ効果が得られるので、ここで頭痛がくるとか、ペニスの勃起が始まるとか、細かいことも体が覚えてきました。
ネットで簡単にED治療薬が購入できる今の世の中で、カベルタと検索すればすぐに商品が探せるようになったのは大きな変化です。
私が学生の頃は、まだ雑誌の裏のあやしい広告を頼りにみんながバイアグラを買っていました。
今はそうしたまがいものをつかむ確率もネットの情報のおかげで減り、自分が思った通りの買い物ができます。

Comments are closed.